読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山本ゆうごブログ

山本ゆうごの仕事メモ

SQLとO/Rマッパーのポエム

SQLとO/Rマッパーのポエム

http://qiita.com/kantomi/items/f527bc717b10e86335af に関して、最初にO/Rマッパーを見た時の感想としては、同じ印象をもちました。

O/R マッパはSQL知らなくてもいい説には反対

なので新人研修の際には、ActiveRecordを触らせる前には必ず、素のSQLも手書きで一通り書かせている。phpmyadmin やsequel proを使う場合にも素のSQLを書かざるを得ない。そんなのエンジニアじゃなくて今どきのWebディレクターならやってる。

したがって、ORマッパを使ったところで、二重に勉強しないといけないというのが正解かなと。

わたしが作ってる研修メニューでは、 ・素のSQLを一通り覚える ・Railsを通すのではなく、素のRubyにActiveRecordeだけをrequireして、コードの中で接続し、 ActiveRecord::Base.logger = Logger.new(STDOUT) で、どんなSQLが流れているかを一通り眺めながら、ActiveRecordの各メソッドが発行しているSQLを見せる。 ということをしている。

そこまでして二重に学習しなくてはならないの?って質問には、はいすみません、今どきの子大変ですね。でもソースはちょっとだけ見やすいですね。

逆にSQLをとことん高度にしてアプリまで書いちゃうというアプローチ

実はそういうプロダクトがあった。OracleSQLPL/SQLと言って、普通のプログラミングもできる。ストアドプロシジャとか呼んでる奴。プロダクトとしては、KeyWeb Creator という名前だった。しかしながら、そもそもストアドプロシジャの外でPL/SQLをつかう人もいなく、制約も多かったので、陽の目を見ることはなかった。ということで、市場原理の中ではSQLでは最強ではなくなった。

O/Rマッパーをつかうってことは、RDBをNoSQL的に使ってない?

これはYES。複雑なSQL使えないし、基本的な動きは、主キーでダイレクトに取ってくるだけの動きが多い。

心配な点としは、RDBはKVSにくらべて機能が大きいために主キーダイレクトで引っ張ってくるにしても、オーバーヘッドも大きいのではないかという懸念。これはエンジンごとにすごく違う。mysqlはスレッドタイプのコネクションなので、コネクションの接続からしてめちゃくちゃ軽い。

この辺の経験値というのが、業務アプリとユーザーサービスと結構違っている。 業務アプリでは、DBエンジンはOracleバッチ処理性能が大事 ユーザーサービスは、 DBエンジンはMySQLで、ユーザーレスポンスが大事 ユーザレスポンスを大事にするときって、凝ったSQLを書かないというのが割りと大事。レコードの件数によって、プランが変わるようなのは避けたい。

例えば、画面には数十件しかでないのだから、JOINせずに、主キーダイレクトで20回くらいアクセスが発生しても一向にかまわないのだ。

ここでも、RDBをNoSQLみたいに使ってるという批判はアリそうだけれど、主キーで高速にデータを取ってくるってこと自体は、mysqlに関しては超高速。甘えていい。

NoSQLを使えばいい場面でも、マスタの管理とか、主キーそのものがintで管理されていたりとか、実装レベルで便利だったりする。